M2E初心者向け!無料で仮想通貨が手に入るSweatcoinの紹介

みなさんこんばんは。

 

今回は歩くだけで仮想通貨が稼げるSweatcoinを紹介したいと思います。

STEPNをやるなら、絶対に入れておいたほうが良いアプリになっています。

というよりも、STEPNができない人も入れたほうが良いアプリになっています。

  • Sweatcoinとは何か
  • 仮想通貨の稼ぎ方
  • Swaeacoinの使い道
  • Sweatcoinのメリット、デメリット

 

コインチェック

Sweatcoin

Sweatcoinですが、今流行りのウォーキングアプリになっています。

STEPNと同じく、Move to Earnのコンセプトですね。

仮想通貨未経験者でもわかる!?STEPNの始め方、基本的な操作を紹介

 

公式サイトは以下になります。

Sweatcoin

1億人以上のユーザーに参加して、運動エコノミーの一部になりましょう。 Sweatcoinアプリは、歩数をスウェットコイン…

 

仮想通貨トークンのSweatcoin(SWC)を発行しており、歩いた歩数に応じてSWCを入手できます。

ちなみにですが、1000歩で1 SWC獲得できます。

1日の上限は10000歩で、5%の手数料を差し引いた分のSWCが入手できます。

つまり、1日の上限は9.5 SWCですね。

 

Sweatcoinの稼ぎ方

Sweatcoinで稼ぐ方法ですが、以下の3つの稼ぎ方があります。

  • 歩いてSweatcoinを稼ぐ
  • 広告を見てSweatcoinを稼ぐ
  • 招待してSweatcoinを稼ぐ

 

歩いてSweatcoinを稼ぐ

これは単純にSweatcoinアプリをのダウンロードした携帯電話を持ち歩き、歩くだけになります。

歩くと今日の歩数が表示され、それに応じたSWCを獲得できます。

Sweatcoin SWEAT 歩くだけ

 

ちなみにですが、20分間のテイリー2倍ブーストというものがあり、その間は報酬が2倍になります。

STEPNをしている方は、歩くタイミングで2倍ブーストを使うと、一石二鳥ですよ。

Sweatcoin SWEAT 歩くだけ

 

広告を見てSweatcoinを稼ぐ

Sweatcoinにはデイリーリワードというものがあります。

これは、1日一定数歩くことで解除され、3回広告を見ることができるようになります。

Sweatcoin SWEAT 歩くだけ

 

広告を見ることで、0~1000のSWCを稼ぐことができます。

当然1000なんて当たったことはないですが、運がいいと10ぐらいは当たります。

 

毎日歩いて、広告を見るだけで簡単に獲得できます。

Sweatcoinをプレイするなら、必ず実施しましょう。

 

コインチェック

招待してSweatcoinを稼ぐ

これは少し難しいのですが、招待すると、招待した人とされた人が5 SWCずつもらえます。

ほんの僅かですが、簡単にもらえるなら嬉しいですよね。

特に、家族同士でやるなら、お互いにやるべきです。

 

TwitterでSweatcoinのリンクを上げている人が多数なので、応援している人がいたらその人のTwitter上からアクセスするのも手です。

 


インフルエンサーなら効率良く稼げるかもですね。

今までは、SWCの稼ぎ方を紹介してきました。

 

次はSWCの使い方です。

Sweatcoinの使い方

SWCの使い道ですが、以下の3つになります。

  • 換金する
  • 商品と交換する
  • 寄付する

 

換金する

まず、一番最初に考えられるのが換金です。

STEPN同様、歩いて稼いだ仮想通貨SWCを換金します。

ですが、現在SWCは換金できません

2022年夏頃に仮想通貨取引所にSWEATが上場予定になっています。

SWEATが上場したら、今稼いでいるSWC(Sweatcoin)をSWEATに変換できるようになります。

 

ただし、上場しても当分は日本の仮想通貨取引所では扱いがないと考えられます。

そのため、私は海外取引所のBYBITを推しています。

 

海外取引所を持っていれば、素早くSWEATを他の仮想通貨に換金できるはずです。

以前STEPNの記事で、BYBITをオススメする理由を紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

メールアドレスとパスワードの入力で、素早く登録できます。

STEPNを始めたい人は、海外取引所BYBITを使うのがオススメな理由を紹介

 

商品と交換する

今一番現実的なものが、商品と交換することです。

Sweatcoinでは、靴や商品券と交換できます。

私が見たものでは、Amazonの500円ギフト券が800 SWCで交換されていました。

 

今すぐ、SWCを使いたい人は、商品と交換するのも手です。

 

寄付する

Sweatcoinのいいところは、動物団体などに寄付できることです。

ウクライナの戦争など、痛ましい事件が多いなか、歩くだけで寄付できるのは、とても良いことだと思います。

 

現在、ウクライナの子供に対する寄付キャンペーンをしているので、この記事を見た人は寄付への参加を考えてみてください。

Sweatcoin SWEAT 歩くだけ

 

ちなみに、寄付はとても簡単にできました。

しかも、寄付をすると褒めてもらえるので、日本の苦しい環境で働いている方は寄付して褒めてもらいましょう。

普通に生きていると褒められることなんてないですから。怒られるのは毎日ですが。

 

次にSweatcoinの始め方を紹介したいと思います。

Sweatcoinの始め方

始め方はとても簡単です。

公式サイトにアクセスして、アプリをダウンロードします。

Sweatcoin

1億人以上のユーザーに参加して、運動エコノミーの一部になりましょう。 Sweatcoinアプリは、歩数をスウェットコイン…

 

その後、Appleでサインアップを選択します。

モーションとフィットネスを許可をクリックします。

携帯電話のヘルスケアアプリと同期させることで、歩数をカウントできるようになるはずです。

とても簡単です。

STEPNのようにバカ高い初期費用は必要ないため、今すぐに誰でも始めることができます。

 

 

ちなみにですが、STEPNを抜いて、Sweatcoinはヘルスケアランキング1位らしいですね。

Sweatcoinを始める価値はあると思います。

 

 

 

Sweatcoinのアプリをダウンロードしたら、あとは歩くだけです。

先述しましたが、歩く時は2倍ブーストを使うとお得です。忘れないようにしましょう。

 

 

補足です。

Sweatcoinは、無料で始められるのですが、有料会員になることもできます。

プレミアム会員は、1ヶ月550円、1年間で2700円のものがあります。

 

プレミアム会員になると、1000歩ごとに2SWC稼げるようになります。

また、寄付する際の寄付金額が2倍になります。

 

意識が高い人、寄付しようと思っている人は、会員になる価値があるかもしれません。

 

 

最後に、Sweatcoinを利用するメリット、デメリットを紹介します。

Sweatcoinのメリット、デメリット

Sweatcoinのメリット

  • 無料で始められ、初期費用がいらない
  • 歩くだけで仮想通貨が稼げる
  • 難しい操作がいらない

 

以上が、メリットです。

Sweatcoinの対になるのが、STEPNです。

STEPNは稼げる仮想通貨の量が多い分、初期投資が非常にかかります。

現在では、100万近く投資しないと、満足にプレイはできないはずです。

 

しかし、Sweatcoinは違います。

無料で歩くだけで、仮想通貨を稼げます。

 

さらに、操作自体も煩雑ではなく、毎日歩いて、広告を見るだけです。

非常に簡単です。

 

STEPNのように、仮想通貨のソラナを用意して、スニーカーを買って、ミントして……

のような複雑な操作はいらないのがかなりの強みです。

 

Sweatcoinのデメリット

  • 個人情報が心配
  • 価値が低い可能性がある
  • 出金操作が難しい

 

一方で、デメリットもあります。

最初にSweatcoinを立ち上げると、名前はAppleアカウントの名前が使われています。

つまり本名ですね。

 

私は気づかず、多くのコミュニティーに参加したのですが、本名で表示されていました。

そのため、最初にSweatcoinを起動した際は、最初にプロフィールの編集をオススメします。

 

また、Sweatcoinですが、まだ価値がないです。

2022年夏に上場したとしても、1 SWEATが0.00001円ぐらいかもしれません。

そうすると、歩く価値はありませんよね。

つまり、現在SWCに価値がついていませんが、もしかしたら驚くほどの低価格かもしれません。

 

ちなみにですが、私がみた時は500円のギフト券が800 SWCでした。

つまり、500÷800=0.625円/SWCということになります。

そうだと、思ったより高いかもしれませんね。

 

 

また、SWEATに高い価格がついたとしても、出金操作が煩雑です。

私の場合は、BYBITでSWEATを換金することになるかと思います。

BYBITでリップルを買い、日本の仮想通貨取引所にリップルを移し、日本円に換金します。

そしてようやく、銀行に出金し、手元にお金がくることになります。

 

私の母も仮想通貨をやっているのですが、出金操作はできません。

つまり、換金から出金は難易度が高いと思います。

 

これらがデメリットです。

Sweatcoinのまとめ

最後にまとめます。

  • Sweatcoinで稼ぐには、歩く、広告を見る、招待する
  • 稼いだSWCは、商品と交換したり、寄付できる
  • Sweatcoinは簡単に無料で始められる
  • SWEATは2022年夏に上場予定だが、現在価格がついていない

 

私としては、無料でプレイでき、なおかつ歩くだけなので、STEPNをプレイしている人はもちろん、STEPNをプレイできない人もやる価値はあると思います。

ぜひSweatcoinをプレイしてみてください。

 

 

追記ですが、2022年5月21日よりSweatcoinのウォレットが導入されるため、メールアドレスの登録が必要になりました。

Sweatcoin

 

今夏にSWEATが上場予定なので、今のうちにSWCを稼いでおくのが良いでしょう。

1SWCは1SWEATであることも明記されていました。

今後が楽しみです。

Sweatcoin

 

 

このブログでは、他のM2Eの記事も多数紹介しています。
興味があれば、他のプロジェクトも参考にしてください。

私の一押しはStepwatchです。

関連記事

みなさんこんばんは。   今回はMove To Earn(M2E)のStepWatchについて紹介したいと思います。 2022年7月19日現在では、Android端末しか対応しておりません。iOSは8月リリース予定だ[…]

次点では、THE SNKRZもオススメです。

関連記事

みなさんこんばんは。   今回は韓国発のM2Eゲーム、THE SNKRZ(スニーカーズ)の始め方を紹介します。 またテスト段階なので、プレイできるとしてもテスターとしてのプレイになります。 なお、2022年[…]

RunBloxもおすすめのM2Eのプロジェクトです。

関連記事

みなさんこんばんは。   今回はRunBloxのゲームの始め方を紹介します。 昔は、テレグラムのNFTスニーカー抽選からRunBloxを始めることができましたが、2022年6月30日現在では、NFTスニーカーを購入し[…]

コインチェック
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!