おくとねフィッシングパーク釣行記(2021年10月中旬)

みなさんこんばんは。

 

今回は、おくとねフィッシングパークに初心者の母と釣りに行って来たので、その記録を報告します。

群馬県沼田市にあるルアーフライの管理釣り場。数釣り池と大物池と2つの池で釣りが楽しめます。道具のレンタルもありますので初…

 

結果は、私の中ではそこそこ釣れた印象でした。

釣り5時間の内、メインの4時間はフライ、残りの1時間弱はルアーで釣りました。

 

私のフライの装備です。ロッドがPASSPORT 9フィート #6、リールがCA-STラージアーバーリール、ラインは3M AIRCEL WF6Fオレンジを使いました。

 

 

ルアーは、ロッドがカーディフ エクスリードHKS60SULFF、リールが13イージス2004のリールをダブルハンドルに改造したものを使いました。ラインはPEラインに、フロロカーボンのライン3.5ポンドを接続して使っています。

 

母の装備は、ロッドがトラウトライズ60SUL、リールがエルフ1000Sです。ラインは4ポンド(たしかそのぐらい)のナイロン、ハリスはフロロカーボンの3.5ポンドを使いました。

 

おくとねフィッシングパーク釣行記

朝7時に起き、8時40分に出発。途中マックで朝食を食べ、10時30分前にはおくとねフィッシングパークに到着しました。

当日は快晴で、武尊山も綺麗でした。ヘルニアが治ったらいつか行きたいと思います。画像前方の山が武尊山のはず。

おくとねフィッシングパーク 武尊山

 

おくとねフィッシングパークさんは10年ほど前の大学生の時からお世話になっています。高校の友人や、大学の友人、会社の同僚などと来て、結構な頻度で爆釣させてくれます。

 

おくとねフィッシングパークさんの良いところは、価格の安さです。

ペア料金の5時間リリース券で5200円でした。一人当たり2600円と安い印象です。キャッチアンドリリースの釣りをする人は、他の管理釣り場より安く釣りができます。

姉妹店の日本イワナセンターさんも同様に安価に釣りができるのが、キャッチアンドリリースの自分には嬉しいです。

大自然の中で釣りと食事が楽しめます。小さいお子様やカップル向けの目方釣り場、ファミリーで貸切が出来る池、ベテランさんも楽…

 

おくとねフィッシングパークには池が3つあります。北から1号池、2号池、3号池となっています。

店員さんに聞くと、1号池はミックスで大物もいるルアー専用池、2号池は初心者の人にも釣りやすいルアー池、3号池はルアーフライ可のミックス池と聞きました。

私はフライをやりたかったので、3号池に入ることにしました。

 

入った場所は、3号池西側の場所です。

おくとねフィッシングパーク 釣りの場所

 

釣りを始める際に、釣り人が3人いました。1人は北東側、2人組は北西側のインレットにいました。

 

 

釣りを開始します。

最初は、渓流釣りでも使っている逆さ毛鉤です。大きさは#14です。

おくとねフィッシングパーク 逆さ毛鉤

 

中ノ沢の渋い状況でも、イワナを釣った実績があります(正確には釣れそうになった)。

上野村漁業協同組合管轄「中ノ沢」釣行記(2021年9月中旬)

 

最初のキャストでまさかのヒット。

しかし、竿に重みがありません。

これは外れるなと思ったら案の定、バレました。

 

2投目でも、5秒ぐらいして魚が加えます。

すかさず合わせるも、重みがありません。

そのままバレました。

 

その後は、毛鉤を魚が見に来るも口を使いません。

何度が投げ続けても反応はなしです。

 

それはそうです。

逆さ毛鉤は、流れのある場所で威力を発揮します。

 

本当なら遠投してリトリーブで誘う運用が正しいと思いますが、私はフライ経験が10回弱の人間です。

遠くにフライを投げることができません。

ダブルホールというテクニックもあったと思いますが、公の場で練習するのもあれだったので諦めました。できないのに練習するのは恥ずかしいです。


今度、公園や湖でこっそり練習したいと思います。

 

次に選んだのがマラブーです。

大きさは#8。

おくとねフィッシングパーク マラブー

 

このマラブーは下記初歩からのフライタイイングという本で学んだものです(p118)。

【15日24時間限定!エントリーでP最大26.5倍】【中古】カルチャー雑誌 初歩からのフライタイイング

 

おくとねフィッシングパーク 初歩からのフライタイイング

 

当たりはありますが、先程同様にバレます。

フッキングが浅いようで、網まで引き寄せることができませんでした。

5匹連続でバレました。

 

6匹目がかかったところで、まさかのラインブレイク。

遠目ですが中々のビックサイズだったので、ラインが切れたのかもしれません。

 

その後マラブーを使うも、流石に見切られたのか毛鉤を咥えてくれません。

マラブーも逆さ毛鉤同様、リトリーブをするために遠投が必要かもしれません。

 

周りを見るとほとんどの人が釣れていません。

40分ぐらいで、反対側にいる人が1匹、左側にいる2人組が1匹ぐらいだと思います。

 

今日は激渋か?

そう思ったので、小さい毛鉤を使うことにしました。

 

次も、先程同様、本で学んだ毛鉤です。

グリフィスナットとという毛鉤を使いました。

サイズは#18です。

おくとねフィッシングパーク グリフィスナット

非常に単純な構造をしており、ピーコックを胴体に巻き、その周りにハックルで巻いただけです。

ただ、私が小さめのハックルを持っておらず、#18とはいうものの、#12ぐらいの大きさに見えます。

 

このグリフィスナットですが、意外に浮力があり沈みません。

投げるとマス達には好評らしく、積極的に咥えようと、バシャっと水面を割って出てくれます。

 

しかし、サイズが大きいのか、どのマスも咥えられず。

1匹もフッキングできずに終了です。

 

反省点ですが、巻くハックルが大きすぎたので、#18という小ささのメリットがなかったように感じます。

ハサミで切るか、小さいハックルを買うしかなさそうです。

毛鉤の針部分も、ハックルで隠れていたのも、フッキングしなかった理由だと思います。

 

小さいのということで、次は10年前の大学生の時に巻いたCDCダンを使うことにしました。

おくとねフィッシングパーク CDCダン

 

昔は大量に巻きましたが、今は2個しか残っていません。

なぜ、大学生の時に大量に巻いたのか、それは安価だったからです。

CDCダンは非常にシンプルな構造をしており、ボディを巻いて、CDCという羽根をつければ、ある程度形になります。

本当は、テイルなど尻尾も作り込めますが、コストダウンで羽のみを付けていました。

烏川で実際にウグイを釣って、Facebookに上げたのがいい思い出です。

 

このCDCダンですが、かなりの威力を発揮しました。

投げるとすぐにヒット。

そしてガッツリ加えてくれました。

1時間にしてようやく釣れました。

 

と同時に、母もヒット。

網が1つしかないので、まとめて入ってもらいました。

おくとねフィッシングパーク 2匹 初ヒット

 

母は、HI BURST0.8gの青銀で1匹を釣ったようです。

とにかくお互いに坊主は回避できました。

おくとねフィッシングパーク HIBURST0.8g

ハイバースト 0.8g スプーン HI BURST SPOON 0.8g #09(ブラウン) <バルケイン・ValkeIN>※お一人様1点限り

 

その後も、そこそこ釣れます。

10分~20分に1匹ぐらいのペースでは釣れました。

おくとねフィッシングパーク ニジマス

 

おくとねフィッシングパーク ニジマス

 

おくとねフィッシングパーク ニジマス

 

おくとねフィッシングパーク ニジマス

 

周囲を見ると全く釣れなそうです。

フライもそこまで釣れる印象はなかったので、やはり今日は激渋のようでした。

 

ただ、前にいた人が日陰をうまく使って釣っていました。

正確には分かりませんが、3~5匹ぐらいは釣っていたと思います。

秋なのに非常に暑かったので、日陰を狙うのも良かったみたいです。

ただ、陽が登るに釣れ日陰が消滅し、釣れなそうでした。

釣れなくなったら、撤退していました。

 

ちなみに母がハイエナのように日陰の後を釣りに行きましたが、全く釣れていませんでした。

一応日陰がないので釣れないと思うよと伝えましたが、日陰跡地に向かいました。

試行錯誤は大事なので、いい経験になったのではないでしょうか。

 

そこそこ釣って休憩です。

アキアカネが鮮やかでした。秋ですね。

おくとねフィッシングパーク アキアカネ

 

フライですが、テンカラと違って体力を使いますね。

久しぶりだったので最初はうまく投げられませんでした。

しかし、何度も投げてるうちに、噴水近くまで投げられるようになりました。

噴水近くに(下記画像赤丸)投げられると、釣れる印象でした。

ただし、私の腕では噴水までは、どう足掻いても釣れませんでした。将来は噴水まで投げられるようになりたいですね。

 

暑かったので、活性の高い魚は噴水近くにいたのでしょうか。

 

その後もコンスタントに釣れ続けます。

 

14時になり、まさかの誰もいなくなりました。貸切です。

おくとねフィッシングパーク ニジマス 貸切

 

おくとねフィッシングパーク ニジマス 貸切

 

周りの人を見ていましたが、全然釣れていませんでした。釣れると評判の2号池に移ったようです。

おくとねフィッシングパークに来て初めての事態だったの驚きました。

 

 

継続的に釣っていましたが、あるマスを釣った時に、毛鉤を飲み込まれてしまいました。

目で見えない場所まで飲み込まれ、マスがかわいそうだったので素早くラインを切りました。

フライをやるならフィッシングプライヤーは必須でした。口の中にフライが刺さることも多かったので、持っていて損はないですね。

 

実は飲み込まれたのは、色々試行錯誤していたからでした。

私はフライのマーカーにTIEMCOのストライクディテクターIIというものを使っています。

 

今回発見したのですが、このマーカーの沈み具合で魚がフックキングしたかわかるようになりました。

このマーカーが1秒ぐらい沈んだときは、魚が口で遊んでいるか、たまたま近くを泳いだかして、フライが動いていることが多いようです。

この時に合わせても、ほとんどフッキングは成功しませんでした。確率で言えば、20%ぐらいでしょうか。

 

マーカーの沈み具合が2秒ぐらいは、ちょうど良いヒットです。

魚が毛鉤を咥えて反転したぐらいではないかと予想しています。

この状態だとよく釣れて、フッキング成功率は90%ぐらいです。

 

マーカーの沈み具合が3秒以上の時に合わせると、フックが魚の奥深くに刺さることが多かったです。

予想ですが、完全に餌だと思い飲み込んでしまうのではないかと思います。

今回の飲み込みも、合わせるのが遅かったのが原因でした。

 

CDCダンはよく釣れました。

しかし、残り1つのCDCダンは、大学の時の思い出の品だったので使いたくありませんでした。

そこで、一度パラシュートを試してみました。

しかし、グリフィスナットの時と同様に食いつこうとしてくれますが、フッキングには至りません。

おくとねフィッシングパーク ニジマス パラシュート

 

釣れない。

ということで、大学の時の失敗作を使うことにしました。

私の記憶では、ハックルをつけるのを失敗してどうしようかと思ったけど、捨て方がわからないのでとりあえず置いておいたものです。これが大量に10個近くあります。無くしても安心な作品です。

おくとねフィッシングパーク ニジマス 失敗毛鉤

 

これを使いましたが、結論からいうと、先程のCDCダンと変わらず、釣れました。

人間から見ると魅力がないように見えますが、なんでもいいんですかね……

 

投げ方と当たりの取り方がうまくなったからかもしれません。

とにかく釣れます。

10~20分間隔で釣れ続けました。

おくとねフィッシングパーク ニジマス

 

おくとねフィッシングパーク ニジマス

 

おくとねフィッシングパーク ニジマス

 

おくとねフィッシングパーク ニジマス

 

おくとねフィッシングパーク ニジマス

 

おくとねフィッシングパーク ニジマス

 

周りをみると、1人の釣り人がインレット側に入っていました。

見た感じ0.3gぐらいの極小スプーンを、インレットの流れに乗せ釣っていました。

しかし、やはり釣れないらしく2匹ぐらいしか釣っていませんでした。釣れないと思ったらしく、2号池の方に戻って行きました。

 

 

15時になったのでルアーの練習もすることにしました。

セットしておいた、HI BURST1.6g銀色を投げるとまさかの1投目で釣れました。

おくとねフィッシングパーク ニジマス

 

HI BURST1.6g

 

 

 

あれ、釣れる?

と思い、もう1投投げると、再び釣れました。

おくとねフィッシングパーク ニジマス

 

私もびっくりしましたが、母もびっくりしていました。

 

釣り方としては、投げてカウントダウンせず、素早く1秒間に1回転ぐらいの速さで引いたら釣れました。

今日の印象は激渋でしたが、落下物には反応が良いらしく、ルアーも落とした瞬間に巻くと何度がアタリがありました。

 

このまま釣れると思ったのですが、後が続きませんでしたが。

ボトムバンピング、デジ巻き、ズル引きなど試すも反応がありません。

 

シャドウアタッカー、パニクラDR、ダートマジック、ZAGGER 50などを試すも反応なし。

 

created by Rinker
¥1,043 (2021/12/05 15:09:31時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

【HMKL】ZAGGER(ザッガー) 50B1 Half 2.6g ウラツブチョコバナナ

 

 

 

残り20分、後悔しないようにということでフライに戻します。

戻して5分で釣り、最後の残り2分で1匹釣りました。

おくとねフィッシングパーク ニジマス

 

おくとねフィッシングパーク ニジマス

 

母も、ドーナ1.7gの黄黒で1匹釣り、最後にドーナ1.7gの黄色で1匹を釣っていました。

おくとねフィッシングパークドーナ

 

おくとねフィッシングパーク ドーナ

 

私が20匹ぐらい、母が3匹で終了です。

 

日本イワナセンターさんと同様にステッカーももらいました。

おくとねフィッシングパーク ニジマス ステッカー

 

余談ですが、夜に利き腕の中指が腫れました。

おくとねフィッシングパーク 中指 腫れた

 

フライのラインを手繰り寄せる時に、中指で抑えているのですが、あまりにも釣れすぎて擦れてしまったようです。

フライをやる人は、フィッシンググローブも必須ですね。

 

感想

おくとねフィッシングパークさんにしては、珍しく釣れなかった印象です。

フライならもっと釣れてもいいと思いましたし、何より周りのルアーマンが全く釣れていないのが驚きました。

最近管理釣り場に行っていないのでわからないのですが、数年前と比べると、魚の数も少なく感じました。

 

ただし、魚は大きかったです。

前回のイワナセンターさん同様に、腕が疲れました。

30cm近い魚も多く、1~2分かからないと寄せられない魚も多かったです。

次の日には、足と両腕が筋肉痛になりました。フライは全身を使うので疲れましたが、良い運動でした。

 

渋い中でもやはり、フライは強いなと思います。

逆さ毛鉤を使うなら、遠くまで投げる遠投技術が必要なので、投げる技術も磨きたいと思います。

 

毛鉤に関しては、マラブーCDCダンがどの場所でも強そうです。

マラブーはどの場所でも、それほど外さない印象です。

初歩からのフライタイイングの本に載っていた方法では、より訴求力が強かったので、そのマラブーも大量に巻いて損はないと思います。

 

CDCダンは、管理釣り場だけではなく、渓流でも威力を発揮しそうなので、これも巻きたいですね。

 

ルアーに関しては、まだまだ技術が未熟だと思います。

今回のような渋い状況でもコンスタントに釣る必要がありました。

反省点は幅の無さです。

 

困ったらボトムという選択肢しかないので、そのボトムが釣れないと困ってしまいます。

もうちょっと戦略に幅を持たせたいところです。

 

とにかく持っているルアーの種類もそれほど多くないので、同じルアーでの色や重さの幅を意識したいです。

それと、ロッド操作で打開できるスキルがあればと思います。

 

前回の記事に書きましたが、私はアングリングファンという雑誌が好きで、DVDも大量に持っています。

釣り記事

みなさんこんばんは。   今回は、日本イワナセンターに初心者の母と釣りに行って来たので、その記録を報告します。 結果は、私の中では大漁でした。   私の装備は、ロッドがカーディフ エクスリードH[…]

イワナセンター ルアー ニジマス

 

 

昔は大会に出たいと思っていたぐらいなので、本やDVDを研究して、大会に出れるように練習していきたいと思いました。

久しぶりにトラキンのサイトを見たら、熱くなりました。

釣りビジョン主催の管理釣り場トーナメント「トラウトキング選手権大会」。大会に関するお知らせ…

 

これからの記事にもご期待ください。

おくとねフィッシングパーク ニジマス
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!