睡眠の質が変わったと思うカインズホームの枕Moffleを紹介

みなさんこんばんは。

 

今回は新しく購入したカインズホームの枕Moffleを紹介します。

 

目次

Moffle

Moffleですが、カインズホームが開発した枕です。

 

実は、私は子供の時から不眠で困っています。

保育園の時も私だけ寝れず、昼寝の時間はいつも職員室に呼ばれて過ごしていました。

会社員になってからも寝れず、夜3時ごろまで寝れないことはザラにありました。

フリーになってからも、朝まで寝れないこともあります。今も困っています。

 

そのため、寝具系はずっと探しています。

そこで気になったのが、カインズホームの枕Moffleです。

 

これは2021年のレッド・ドットデザイン賞を受賞した商品です。

ホームセンター通販のカインズ

もっちりふわふわ新感覚枕 Moffle(モッフル)ならカインズ。オリジナル商品やアイデア商品など、くらしに役立つ商品を豊…

 

特徴は、TPE樹脂素材のワッフルのようなもちもちした突起がついており、重みの吸収力が高いです。

また、通気性が高く頭が冷えます。暑いよりも冷たい方が寝やすいと思うので、かなり良いと思っています。

 

枕自体かなり重いです。今までこのような重い枕を使ったことはありませんでした。

そのため、安定性もかなりあると思います。

 

Moffleは全部で4種類あります。

  • ネックフィットタイプ
  • フィットタイプ
  • スタンダードタイプ
  • ボルスタータイプ

 

ネックフィットタイプは、立っている時の姿勢で寝れるように設計されています。

頚椎がカバーされ、首に皺ができないようです。

両側の高さが異なり、波型になっています。

高さが違うことで、体型や好みで向きを選べます。

 

 

フィットタイプは、枕の中心が少し窪んでおり、仰向け時に頭がすぽっと入ります。

スタンダードタイプよりも高さが低く、小さい人や女性向きになっています。

 

 

スタンダードタイプは、40cm×60cmです。

最も高い枕です。枕が高いので、横向き寝が良いようです。

仰向けで寝るには、体格が良い人の方が良いと思います。

 

 

ボルスタータイプは、21cm×60cmと小さい枕です。

店頭では、昼寝に良いと書いてありました。

足枕や腰当てのクッションなどにも使えるようです。

 

 

これだけ枕の種類が多いので、どれを買うか悩みました。

私はヘルニアなので、あまり仰向けで寝れません。

なぜなら仰向けで寝ると、腰への負担が大きいからです。

そこで、横向きでも寝れると書いてあった、ネックフィットタイプを購入しました。

 

 

購入した箱はこのような形になっています。

moffle

 

値段は6000円です。ボルスタータイプのみ5000円でした。

さらに、シーツが1000円でしたが、セットで買うと500円引きで買えました。

 

箱を開けると、このような枕が出てきて、さらに付属のシーツがあります。

moffle

ワッフルのようになっている格子がひんやりして冷たいです。

さらに、重みがあるため保持力が高いです。

付属のシーツがあるため、追加のシーツはいらなかったかもしれません。

 

 

付属のシーツを付けるとこのような形になります。

moffle

 

 

追加で購入した紫のシーツを付けるとこのようになりました。

moffle

 

 

使ってみた感想は、とにかく重みがありしっかりしています。

頭を支える力が強く、安心して頭を預けられます。

さらに、構造的にひんやりしており、今までの枕より涼しいです。

寝るのには、かなり良かったです。

 

ネックフィットタイプは、高さが両端で違います。

体に高い方を向けて寝ましたが、しっかり保持されており、首への負担は少ないように感じました。

 

私はヘルニアなので横向きでも寝てみました。あまり沈み込まないので、以前使っていた柔らかい枕よりも良いと感じました。

ただし、ネックフィットタイプは少し高さが足りないと感じたので、下につぶれた枕を敷いて高さを増やして使用しています。

 

私としてはオススメできる枕だと思います。

興味がある人は調べてみてください。

moffle
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!