秩父漁協の渓流釣り:初めての解禁当日は頭跳ねでした

みなさんこんばんは。

 

今回は渓流釣りに行ってきました。

 

なお、釣りの撮影はGoPro HERO12を主に使用しています。

が撮影当時は、GoPro11で撮影しています。

 

渓流釣りで主に使うテンカラロッドはニッシンゼロサム3608 7:3、テンカラ源300、ラインは宇崎日新のレベルライン3.5号を使用しました。

ニッシン ゼロサム テンカラ 7:3 3608 3608

 

 

 

使用した毛鉤は、逆さ毛鉤の#14です。

 

また渓流釣りは熊が怖いので、熊撃退スプレーは必須です。

 

コインチェック

秩父漁協釣行記

渓流釣り

今回は初めて解禁に釣りに行ってきました。

以前は、利根漁協、上野村漁協で釣っていました。

 

しかし、上野村は釣る川が少なく、そもそも道路に車がいて釣りをできないことが多々ありました。

そのため、近場で評判の悪い秩父漁協で釣ることにしました。

 

というのも、魚が少ないとの話だったので、釣り人も少ないと思ったからです。

ということで、2023年は秩父漁協で釣ります。

 

 

 

人生初めての、3月1日解禁日の釣りです。

というのも、人とのトラブルで刃物を突きつけられたのがトラウマで、他の釣り人が近くにいるのが苦手です。

昔、桐生川で釣っているときに、下流から釣り人が自分の後ろをつけて登ってきたのですが、刃物を突きつけられたのが怖かった経験です。

 

 

しかし、秩父漁協は人気がないとのことだったので、解禁にも釣り人が少ないと予想しました。

ということで、午前中から気合いを入れて行きました。

 

 

しかし、予想に反して大盛況でした。

最初は、テンカラで有名な川を目指したのですが、道路は常に満杯で、止める場所が1箇所もありませんでした。

 

 

ということで、隣の川に移動します。

そこは少し人気がないようで、ポツポツ釣り人がいるだけでした。

 

そこで、下流の釣り人から3km程度移動した場所から、入渓して釣りを始めます。

 

川の規模はテンカラに良さそうです。

ただし、水量が非常に少なかったです。

 

最初に行った川もびっくりするぐらい水がなかったため、秩父は全体的に水がないのかとも思いました。

 

 

稚魚らしき魚影は見えるのですが、反応は皆無です。

すぐに13時になったので、休憩します。

 

すると、後ろからおじさんの釣り人が来ました。

これは頭を跳ねられるか、と思ったのですが、引き返してくれたのでこのまま続行です。

 

 

昼食後も状況は変わらず。

ほぼ正午から釣り始めたので、もしかしたら先行者がいたのかもしれません。

 

ポイントは、良さそうな感じなのですが。

渇水の影響でしょうかね。

 

 

日差しが当たって水温も上がりそうなのですが、反応はありません。

 

 

ここで、不運が。

なんと、川沿いの道路を2人組の釣り人が歩いています。

 

年齢は20歳ぐらいでしょうか。

道路を歩いている、しかも上流に向かって歩いているということは、そこから入ろうとしているということです。

 

つまり、私が抜かされてしまうと、そこからは釣れなくなってしまいます。

残念ですが、2人組は道路を上へと登って行きました。

 

 

まあ、もうちょっと釣れるだろうと登って行きます。

すると、悲劇が。

 

 

なんと、上流から先ほどの二人組の釣り人が川を降ってきます。

なぜ!

 

先ほど道路から見ていたので、どう考えても釣り降ったら釣り人がいるのはわかるはずなのに。

これは終了です。

 

 

 

話を聞くと、「上流は釣り人がいたので、釣り下った。父親にそう教わった」とのことでした。

ただ、数匹釣れたと言っていたので、彼らにとっては良かったのかもしれませんね。

 

 

下流にいた釣り人は気にしないんかい!と思ったのですが、しょうがないですね。

ということで、あとは上流の退渓地点まで歩いて終了です。

 

確かに、彼らが釣り降ってきた場所は良さそうな場所で、水量が多いポイントが多かったですね。

 

と言っても、私のテンカラではきっと釣れなかったので、しょうがないとあきらめましょう。

 

 

もし、初心者の人で渓流釣りを始める人は、釣り人の頭を跳ねないように気をつけましょう。

渓流釣りは上流に登っていく釣りなので、釣り人の上流側に入って釣るのは禁止行為(頭跳ね)となります。

 

基本的には、釣り人が歩かないであろう場所から入るのがマナーです。

例えば、A地点で先行者の釣り人がいた場合、大体半日から1日で2km程度は歩くので、2km以上は間を開けた方が良いと思います。

 

 

上野村だと結構マナーは緩くて、入渓した場所からすぐ50m先に車が止まって、そこから頭を跳ねるような光景も見ました。

 

ただし、本流の釣りだと逆で、本流は釣り下るのがマナーです。

つまり、上流側から釣り人が降っていくため、上流側が最後尾となります。

そこら辺はややこしいのですが、お気をつけ下さい。

一番確実なのは、他の釣り人と話すことですね。

 

 

秩父のフライショップ、パレットの店主も頭を跳ねられたそうです。

(年券はこちらで購入させていただきました)


 

車を停めて準備をしていると、別の車が同じ場所に車を止め、川に向かっていったそうです。

そこで、「待ってくれ、なんでここで釣るんだ?」と言ったら、「俺はここで釣りたいから釣る」と言われたそうです。

 

頭跳ねはマナーであり、刑法もないので罰せられませんが、みんなが気持ちよく釣れるといいですね。

コインチェック
コインチェック
最新情報をチェックしよう!