神流川の鮎釣り:少しずつ活性が上がっているような印象です

  • 2024年6月12日
  • 2024年6月13日
  • 鮎釣り

みなさんこんばんは。

 

今回神流川の鮎釣りに行ってきました。

 

使った鮎竿は、銀影エアTYPES H85です。

ソリッド穂先使用です。

2024年に購入し、使用しています。

(リンクは9m)

created by Rinker
¥134,750 (2024/07/17 10:29:03時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

基本的に、針はオーナーばりさんの一角を使用しています。

解禁初期は6号、順次大きくしていきます。

(ポイント3倍大感謝セール)オーナー 一角 いっかく 8号

 

ルアーを使用する際には、改良トンボを使用しています。

オーナー 改良トンボ 8号

 

掛けばりは、ほとんどダブル蝶バリを使っています。

 

なお、釣りの撮影はGoPro HERO12を主に使用しています。

 

神流川鮎釣り釣行記

鮎釣り

今回は2024年6月11日に神流川に鮎釣りに行ってきました。

水位は0.2mです。

 

 


5日ぶりに、神流川へと行きました。

だいぶ時間を置いたので、状態が変わっていると期待です。

 

天野囮屋さん(天野刃物工房)で聞いたところ、やはりまだ状態はそれほど良くないそうです。

奥様に聞いたところ、確か8番から上で、尚且つ21番より下ぐらいが良いとの情報でした(番号はうろ覚えですが、中流が良いそうです)。

 

また、釣りピットの大会では、優勝した方が、囮込み15匹だそうです。

確か3時間のため、13匹/3時間=時速4以上ということです。

ただ、大会の割にはそれほど釣れていないので、まだ状況が良くないのでしょう。

 

ちなみに釣りピットさんの大会は、予選なし、一度のみで、尚且つ下流は万場高校、上限は道の駅と非常に広大なエリアでやったそうです。

来年は出てみたいですね。

 

 

今日は先週より人が多そうでしたが、去年ほど人はいない印象です。

3,4番に二人、5,6番6人、8番周辺が8人ほど、こいこいランド周辺が20人ほど、12番は10人、13番は1人、16番が10人ほどでした。

 

人気な場所は人が多いけど、降りるのが面倒な場所はほぼ人がいないような状態です。

私は奥様のアドバイス通り、中流域で釣ることにしました。

 

 

12時ぐらいから開始です。

最初に入った場所に、運よく群れ鮎がいました。

先週群れ鮎狙いの日は6匹、縄張り鮎狙いの日は0匹でした。

 

 

そのため、今日も群れ鮎を狙うつもりでした。

囮を入れて数分するとすぐにヒット。

 

しかし、私の技術不足で、網にかかり鮎がぶつかりロスト。

5日ぶりの鮎は露と消えました。

 

 

ちなみに夕方にも同じミスをしたので、多分やり方が間違っているのでしょう。

今後、タモの受け方を考えようと思います。

 

 

最初に鮎を逃してしまったのですが、すぐにかかると期待しました。

しかし、一向にかからず2時間近く経過。

 

これは私が原因かもしれません。

前回利根川の鮎釣りをした鉤をそのまま使っていたのですが、鈍っていたようです。5回ほど、蹴られが発生したので、やはり頻繁に鉤は変えないといけません。

ちなみに鉤を変えたら、釣れました。

 

 

1匹目の囮に見切りをつけ、2匹目に変えたのですが、2匹目が泳がない囮でした。

そのため、1匹目に変えて、ようやく釣れました(鉤を変えたタイミング)。

 

 

群れ鮎以外の場所では全く反応なしでした。

そのため、野鮎に変えた後も同じ場所に流すと、すぐさまヒット。

二連ちゃんでしたが、そのあとが続かず。

 

15時だったため、移動することに。

移動後も群れ鮎を狙うことに。

流れに入れると、すぐさまヒット。

 

何度か入れがかりします。

また、多分初めてなのですが、4号重りをつけ、流れの早い場所に入れると縄張り鮎らしき鮎が釣れました。

 

サイズもかなり大きく、22cmぐらいあったのではないでしょうか。

6月上旬にしてはでかいと感じました。

 

竿ものされ、尚且つ、全然浮いてきませんでした。

この囮をつけたら、すぐさまヒットしました。

 

やはり囮がある程度大きくないと、反応しない鮎もいるのですね。

勉強になりました。

 

1匹、どうしようもない空中バレでしたが、5匹釣れました。

夕方になって活性が上がったような印象でした。

 

 

多分、2~3匹は縄張り鮎っぽい当たりと動きでした。

16時30分になったので、最初の場所に戻ります。

夕食みのせいか、かなりの数の鮎が見えました。

 

最初すぐに入れるとかかったのですが、私のミスで囮のみ網に当たり、かかり鮎は露と消えました。

しかし、それ以降は全く釣れず。

 

 

30分群れ鮎を狙いましたが、かかりません。

大事なところで、鮎を逃すとこうなります。

 

 

今までは、2匹タモに入れようとしていたので、今後はかかり鮎のみをきちんと狙います。

そこで、終わりにしようと4号重りで早い流れに入れるとガツンとヒット。

囮が変わりました。

 

そこで、群れ鮎の中に通すとすぐにヒット。

2匹釣りました。

 

 

この後も釣りたいと粘ったのですが、20分釣れずに諦めました。

17時30分終了です。

 

 

今日の学びは、タモの入れ方と、重りの使い方、群れ鮎の狙い方です。

タモは、今まで囮を入れようとしていたので、今後はかかり鮎1匹を入れるようにしないとダメですね。去年は100匹ちょっとしか釣れていないので、タモの引き抜きの練習ができませんでした。

今年は練習したいと思います。あとは言い訳ですが、腰の椎間板ヘルニアが痛みます。これが痛くて集中できません。今年は治しようがないので、来年はプールなどで筋トレして、なんとか足の痺れが3割の状態を1割ぐらいにしたいですね。

 

 

重り4号は好調でした。流れの早い場所は重りを仕込んで、早い流れに入れるのが簡単ですね。竿を寝せると早い流れでも入るとよく本で見ますが、私は入れることができません。今後も、重りで入れた方が速そうです。

ただ背バリをつけているので、弱った囮との兼ね合いが難しいです。瀬田さんは弱った囮に、背バリと重りは厳禁との考えです。

ここら辺は、自分の釣りにアジャストさせたいですね。

 

群れ鮎の狙い方は、瀬田さんと小沢さんを参考にしました。

 

瀬田さんは、確か2009年のダイワマスターズの大会で、群れ鮎狙いをしたと書いてあり、尚且つ場所はずっと移動しなかったとありました。

今日もそれに習い、2時間同じ場所を狙いました。かからない時間が長かったですが、縄張り鮎がいない状況は、群れ鮎狙いもありだと実感しました。

 

小沢さんは、2024年の鮎釣りマガジンで、縄張り鮎とグループ鮎について書かれていました。私は縄張り鮎を釣るのが友釣りだと思っていたのですが、小沢さんが状況に応じて釣り分けると書いてあったので、なるほどと思いました。今日は群れ鮎9割、縄張り鮎1割を狙う感じで狙いました。

 

去年は縄張り鮎だけを狙う釣りだったので、釣果が伸びませんでした。今年は、群れ鮎を狙う釣りも意識して、釣果を伸ばしたいと思います。

神流川の状況は良くなってきているように感じました。

 

今後は、上流側も調査に行きたいですね。

 

 

 

2024年 鮎釣り記録まとめ(2023年鮎釣りを開始2023年は48回釣行)

49回目:2024年6月1日:4匹:11時間(6時~17時):水位0.18m:神流川 時速0.36

50回目:2024年6月3日:0匹:2時間(13時~15時):水位2.35m:利根川 時速0

51回目:2024年6月5日:6匹:5時間(12時~17時):水位0.4m:神流川 時速1.2

52回目:2024年6月6日:0匹:5時間(11時~16時):水位0.34m:神流川 時速0

53回目:2024年6月7日:0匹:3時間(12時~15時):水位1.84m:利根川 時速0

54回目:2024年6月11日:9匹:5.5時間(12時~17.5時):水位0.2m:神流川 時速1.64