GoPro 他に購入するべきだと思ったアクセサリー類を紹介

みなさんこんばんは。

 

今回はGoPro HERO11を購入して、他に必要だと思ったアクセサリーを紹介したいと思います。

 

前回の記事では、HERO11 Blackを公式サイトで安く購入する方法を紹介しました。

関連記事

みなさんこんばんは。     今回はGoPro最新機種のHERO11 Blackを安値で購入した方法です。   意外に知らない人が多いのですが、メーカーから直接購入すると安価に購入[…]

GoPro カメラ 注文

 

HERO11 Blackを購入したのは良いのですが、そのままだと撮影はできないなと思いました。

まずは、防護フィルムがないため、GoProのディスプレイを触りにくいことや、長時間の撮影になるとバッテリーやSDカードが足りなくなること、さらにずっと手で持っているわけにもいかないので、HERO11を固定する道具などが必要だと思いました。

 

そこで、今回の記事では、HERO11 Black以外に、購入しておけばよかったものを紹介したいと思います。

必要なものから、あった方がいいと思うものも紹介します。

 

コインチェック

HERO11 Black以外に購入しておけばよかったもの

デュアルバッテリーチャージャー+Enduroバッテリー

まずこちらです。

GoPro 買うべきもの オススメ アクセサリー

 

GoPro公式サイトで購入したアクセサリーセットには、バッテリーが2つついて来ました。

しかし、撮影が長時間になるとバッテリー2個では心許ないと思っていました。

 

というのも、私は釣り、登山での使用を想定しています(実際登りましたが、たいてい4つバッテリーを使い切ります)。

大体、5時間~8時間ぐらいかかる予定です。

 

通常のバッテリーでさらに4K画質で撮影すると、1つのバッテリーで60分近くしか撮影できないです。

そのため、5時間撮影するためには、4個以上のバッテリーが欲しいと思っていました。

 

また、バッテリーの充電方法ですが、通常の方法ではGoProのHERO11にバッテリーを入れ、USBケーブルで充電する必要があります。それがかなり不便で、4個バッテリーがあれば、いちいちHERO11にバッテリーを4回入れ替え、充電する必要がありました。

その方法が不便であるため、バッテリーとさらに充電器を購入することにしました。

 

 

実際に購入してみると、充電器の小ささに驚きました。

また、バッテリーは結構押し込まないと充電が始まらないので、その点には注意が必要です(充電の際光ります)。

 

HERO11では、バッテリーはEnduroのバッテリーで寒冷地でも使用時間が増えているものです。

こちらの方が、寒い環境でも撮影時間が長いので、購入するときはこちらの方が良いかと思います。

 

マイクロSDカード

マイクロSDカードも購入しました。

最初に購入した32GBのSDカードで、4K画質が大体1時間ほど撮影できる想定です。

 

しかし、先述しましたが、私は5~8時間撮影する想定です。

32GBで1時間であれば、その8倍、256GBは欲しいなということになりました。

 

1個256GBのSDカードを持っている場合、紛失などのトラブルや購入したカードがいけていない可能性も考えられました。

そこで、128GBのSDカードを2つ購入しました。

GoPro 買うべきもの オススメ アクセサリー

 

購入したのは、評判のSanDiskのマイクロSDカードです。

ちなみに、マイクロSDとSDカードは間違えないように気をつけましょう。

私は間違えて、注文を取り消しました。

 

しかし、実際に購入してみると、1枚のSDカードの方が操作が簡便です。

というのも、GoProはめちゃくちゃ優秀で、SDカードのデータをクラウドでアップロード(WiFiに繋げると無線でアップロードできる)すると、自動でSDカードのデータを削除することができます。

これが便利で、普通にしていればSDカードを差し替える必要がありません。そのため、SDカードを2枚買うよりも、256GBや512GBのマイクロSDカードを購入すればよかったと思いました。

 

 

余談ですが、4K画質で撮影しても1080pで撮影しても、そこまで画質は変わっている風には思えませんでした。

1080p、60FPSで撮影すると、128GBのマイクロSDカードでは、5時間撮影できます。

そのため、その画質で良い人は1枚のSDカードでも良いかもしれませんね。

 

マイクロSDカードケース

マイクロSDカードが増えると、その保存が大変に思います。

小さいため、紛失が怖いですね。

Sandiskのケースもついて来ますが、小さいため無くしそうです。

 

そのため、ダイソーで100円のケースを購入しました。

GoPro 買うべきもの オススメ アクセサリー

 

正直、予算に都合がつく人は、ある程度しっかりした作りのものを購入しても良いと思います。

正直、100均のケースだと少し利便性には問題があると思います。

 

コインチェック

GoPro 保護ケース、保護フィルム

GoPro 買うべきもの オススメ アクセサリー

 

絶対に必要なのが、保護フィルムです。

携帯電話でも、保護フィルムは当たり前に使うと思います。

 

GoProでも液晶面は保護するようにしましょう。

当然、初期のアクセサリーセットには、保護フィルムは付いて来ませんでした。

 

私はHERO11 Blackの周りの保護ケースも欲しかったので、保護ケースと保護フィルムのセットのものを購入しました。

 

私はきつめのものを購入したのですが、HERO11 Blackを保護ケースに入れるのが大変です。

もっと人気な商品を選んでもよかったかもしれませんね。

GoPro 買うべきもの オススメ アクセサリー

 

保護ケースですが、何度もバッテリーを換える人は不便かもしれません。

私は4回バッテリーを交換する想定なので、硬いケースは使い勝手は悪いです。

 

その代わり、有線で充電しながらGoProを使う人は、使いやすいように穴が空いてもいます。そこは、自分の使い方に合わせるのが良いでしょう。

ケースは固いので、私の場合、着脱に1分程度かかります。

バッテリーを4回変えると順調にいって5分弱ぐらいかかります。

ダイビングなどしない人は、ゆるめのシリコンケースでいいですね。

GoPro 買うべきもの オススメ アクセサリー

 

GoPro HERO11 Black輸送ケース

アクセサリーセットを購入するとハードケースがついてくるのですが、他の道具も入っていて、HERO11 Blackだけを運ぶのには不便です。

GoPro カメラ 注文

 

そのため、こちらもダイソーで購入したのですが、ソフトケースなため強度が不安です。

とりあえずの、キズがつかないようの用途です。

GoPro 買うべきもの オススメ アクセサリー

 

こちらも予算に余裕がある人は、専用のハードケースを購入した方が良いと感じています。

 

車載ホルダー

次はGoPro固定用の機器です。

釣りや登山に行くまでに、車での道中の様子を撮影したいと思っていました。

GoPro 買うべきもの オススメ アクセサリー

 

しかし、フロントガラスに直接つけてしまうと、どうやら道路交通法違反になるため、ダッシュボードにつけるのが無難なようです。

そこで、車載ホルダーを購入しました。

GoPro 買うべきもの オススメ アクセサリー

 

私の遠出用の車はスペーシアですが、吸盤ではうまくつけることができませんでした。

そのため、粘着テープで付けています。

ダッシュボードの材質によっては、吸盤で設置することができない可能性もあります(画像左のように粘着テープもあるので、そこでつけることもできます)。

 

車にGoProを設置して撮影したい人は、車載用の機器を購入しましょう。

 

ネックレス式マウント

私が一番必要だったのが、ネックレス式マウントです。

こちらは首からGoProをかけることができ、人の視点に近い場所から撮影できるようになります。

GoPro 買うべきもの オススメ アクセサリー

 

登山や釣りでは、視点が大事だと思っています。

頭にマウントするのもありだと思ったのですが、目立ちすぎるのも問題かなと思いやめました。

 

私が購入したのは、結構新しいタイプです。

 

 

ここら辺は色々タイプがあるので、自分にあったものを購入しましょう。

バイクだと、また別の要素が必要みたいですね。

 

何度が撮影した感じ、不便はありませんでした。

とりあえず購入したい人は、私と同じタイプのものでいいかもしれません。

GoPro 買うべきもの オススメ アクセサリー

 

ただし、多少は目立つようです。

私が登山していると、今までに2人の方に声をかけられました。

どちらもおばさまでした。

おばさまの旦那様は興味がないようで気づきませんでしたが、おばさまに「YouTubeね」と声をかけられます。

黒いジャケットを着ても気づかれるので、そこら辺はしょうがないのかもしれません。

コインチェック
コインチェック
GoPro 買うべきもの オススメ アクセサリー
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!