STEPN初心者向け:ミントで生まれるレアスニーカーの確率と戦略ついて

みなさんこんばんは。

 

今回は、STEPNのミントで生まれるレアスニーカーの確率、および戦略についてまとめました。

 

STEPN:ミントで生まれるレアスニーカーの確率について

STEPNですが、ミントという機能があります。

STEPN ミント

 

 

ミントをすることで、2つのスニーカーを組み合わせて、新しいスニーカーを生み出すことができます。

STEPN Uncommon ミント

 

ミントすることで、持っているスニーカーをどんどん増やすことが可能になっています。

スニーカーのレア度ですが、全部で5種類あります。

ミントする際は、スニーカーの組み合わせによって、レア度の違うスニーカーが生まれる確率が決まっています。

 

 

レア度はそれぞれ、Common, Uncommon, Rare, Epic, Legendaryとなっています。

ただし、レア度Epic, Legendaryはまだ実装されていません。

 

レア度の違いで大きいのは、レベルアップ時の獲得ポイントと、持っている時のボーナスエナジーです。

以下、レア度とレベルアップ時の獲得ポイントです。

レア度 ポイント
Common 4
Uncommon 6
Rare 8
Epic 10
Legendary 12

 

これについては、以前のレベルアップの記事でも書きました。

STEPN:初心者向けスニーカーのレベル上げについて、および最適なポイント割り振りについて

 

また、各レア度のエナジーボーナスは以下になります。

レア度 エナジーボーナス
Common 0
Uncommon 1
Rare 2
Epic 3
Legendary 4

 

つまり、GSTを稼ぐなら、レア度の高いスニーカーの方が当然良いとわかります。

レベルアップ時のポイントも高いですし、エナジーも増えますからね。

 

 

ミントですが、スニーカーの組み合わせで生み出す靴の種類が変わることになります。

正確にいうと、ミントする時に生まれてくるのはShoeboxになります。

STEPN ミント mint

 

このShoeboxのランクによって、開封した時にレア度の高いスニーカーが入っている確率が決まるのです。

 

さて、レア度の高いShoeboxの生まれる確率ですが、以下に示します。

靴1のランク 靴2のランク Common % Uncommon % Rare % Epic % Legendary %
Common Common 100 0 0 0 0
Common Uncommon 50 49 1 0 0
Common Rare 50 0 49 1 0
Common Epic 50 0 0 49 1
Common Legendary 50 0 0 0 50
Uncommon Uncommon 0 98 2 0 0
Uncommon Rare 0 49 50 1 0
Uncommon Epic 0 49 1 49 1
Uncommon Legendary 0 49 1 0 50
Rare Rare 0 0 98 2 0
Rare Epic 0 0 49 50 1
Rare Legendary 0 0 49 1 50
Epic Epic 0 0 0 98 2
Epic Legendary 0 0 0 49 51
Legendary Legendary 0 0 0 0 100

靴1と靴2がミントする靴を示しています。

横軸のCommon%などが生まれるShoeboxのランクを示しています。

 

あくまで横軸はShoeboxの生まれる確率になっています。

この段階では、まだどのランクのスニーカーが生まれるかはわかりません。

 

基本的には、同じランクの組み合わせでミントすると、同じランクが生まれる確率が98~100%で、ランクがずれるとそれぞれのランクが生まれる確率が50%近くなります。

 

 

次に、Shoeboxから生まれるスニーカーランクの確率を紹介します。

以下、各レア度のShoeboxから生まれるスニーカーのランクです。

Shoeboxランク Common % Uncommon % Rare % Epic % Legendary %
Common 97 3 0 0 0
Uncommon 25 73 2 0 0
Rare 0 27 71 2 0
Epic 0 0 30 68 2
Legendary 0 0 0 35 65

 

一番左の縦軸がShoeboxのランクを示しています。

右のCommon%などの確率が、Shoeboxのランクから生まれてくる各レア度のランクになります。

CommonのShoeboxに関しては下のランクがないため、CommonかUncommonが生まれる確率しかありません。

一方、Uncommon以上のランクでは、下振れと上振れがあります。

ここら辺は運になりますが、ある程度下のランクが生まれてしまうのはしょうがないと言えます。

 

 

さて、ミントするとスニーカーの走る性質、つまりJoggerやWalkerなどの性質も変わります。

また、ソケットと呼ばれるジェムを装備する部分も、ミント時のスニーカーの組み合わせによって変わります。

しかし、今回はスニーカーのレア度を考えるのみ考察するので割愛します。

 

 

さて、次にレア度の高いスニーカーが当たる確率について計算してみましょう。

 

レア度の高いスニーカーを当てる戦略

レアスニーカーが当たる確率

さて、実際にスニーカーが生まれる確率を計算しましょう。

今回は、簡単に考えるため、みなさんが使うことが多い組み合わせを以下に書きました。

靴1 靴2 Common % Uncommon % Rare %
Common Common 100 0 0
Common Uncommon 50 49 1
Uncommon Uncommon 0 98 2

 

さて、ここでみなさんの勘違いを解いておきたいと思います。

CommonとUncommonの組み合わせですが、Rareを引く確率は1%となっています。

 

つまり、100回引けば、1回は絶対当たるだろうと思ってしまうかもしれません。

しかし、これは残念ながら違います。

 

実際のくじであれば当たるのですが、スマホゲームのような当たりではそうはなりません。

実際のくじであれば、99回くじ引いて、CommonとUncommonを全て取り除いてしまえば、残りはRare1個なので絶対出ます。

しかし、スマホくじの場合、引いたくじを戻しているのです。

つまり、当たりが出る確率は変わっていないのです。

あくまで、試行回数が多くなっているだけです。

 

さて、そのRareが当たる確率を計算してみましょう。

試行回数は100回で計算します。

 

計算が最も楽な以下の式で計算します。

あたりの確率=全体の確率-ハズレを引く確率(Common+Uncommon)

 

全体の確率は1です。

ハズレを引く確率ですが、Commonの50%+Uncommonの49%=99%です。

99%を100回繰り返す、つまり99%を100回かけます。

(99/100)^100≒0.366となります。

 

全体の確率-0.366

=1-0.366

=0.634

 

つまり、当たりを引く確率は63.4%となります。

100人いれば、Common×Uncommonのミントを100回やっても、63人しかRare Shoeboxを引けないのです。

100回近くミントをやって当たらないと呟いている人をTwitterで見ることがありますが、こういうことなのです。

 

 

ちなみにですが、ShoeboxでCommonを引いてもまだ確率があります。

なぜなら、CommonのShoeboxからUncommonのスニーカーが出る確率があるからです。

 

私も実際に、2回目のミントでCommonのshoeboxからUncommonのスニーカーが出てきました。

 

 

 

ちなみに、Commonのshoeboxから生まれるスニーカーの確率は以下になります。

Shoeboxランク Common % Uncommon % Rare % Epic % Legendary %
Common 97 3 0 0 0
Uncommon 25 73 2 0 0

 

私の場合は、2回で当たり(Uncommon)が出ました。

また以下の式で計算してみます。

あたりの確率=全体の確率-ハズレを引く確率(Common)

 

ハズレを引く確率(Common)=(97/100)^2≒0.941

全体の確率-0.941

=1-0.941

=0.059

 

ということで、5.9%の確率でした。

単純に運が良かったということですね。

 

 

何回引けば当たりが引けるか

次に何回引けば、当たりを引けるかについて考えたいと思います。

先程の、CommonとUncommonの組み合わせで生まれるRareのShoeboxの確率を考えたいと思います。

あたりの確率としては、50%と80%で考えたいと思います。

50%は半分が当たる確率で考えやすいのと、80%はほぼ当たるであろう確率と仮定しています。

計算ですが、ShoeboxのRareは外れる確率が99%で計算します。

最初に50%当たる確率を計算します。

 

外れる確率 < 50%

(0.99)^x < 0.5

x log0.99 0.99 < log 0.99 0.5

x < 67.0

計算は、エクセルのLog関数で計算しました。

計算結果より、最低67回試行することで、50%の確率で当たることになります。

 

同様に、80%の確率で当たる確率を計算します。

外れる確率 < 20%

(0.99)^x < 0.2

x < 160.1

つまり、最低161回試行することで、80%の確率でRareが当たることになります。

もし、Common、Uncommonの組み合わせでミントする場合、50%の確率を担保するためには、ミントを最低67回は試行しないといけません。

 

ミントにかかるコストも検証しましょう。

1回のミントに200GSTかかるとし、今のGST価格を400円とします(ミント費用をGMTに変えても同じぐらいになると思うので、計算を簡単にするためGSTで考えています)。

すると、1回あたりミントに8万円かかることになります。

67回は、67×8=536万円です。

536万円かければ、50%の確率でRare Shoeboxが手に入ります。

しかし、ShoeboxからUncommonのスニーカーが出る確率もあるため、確実な賭けとはいえません。

 

 

次に、Shoeboxから生まれるレアスニーカーの確率も計算します。

CommonのShoeboxから、Uncommonが生まれる確率を試行します。

先ほどと同様に、当たる確率を50%、80%で計算します。

Uncommonが外れる確率は97%で計算します。

外れる確率 < 50%

(0.97)^x < 0.5

x < 22.8

23回試行すれば、50%の確率でUncommonスニーカーが当たります。

 

 

同様に80%の確率で当たる確率も計算します。

外れる確率 < 20%

(0.97)^x < 0.2

x < 52.8

53回試行すれば、80%の確率でUncommonのスニーカーを当てることができます。

 

 

 

最後にUncommonのShoeboxから、Rareを引く確率を考えましょう。

こちらも同様に当たる確率を50%、80%で計算します。

Rareが外れる確率が98%とします。

外れる確率 < 50%

(0.98)^x < 0.5

x < 34.3

35回試行すれば、50%の確率でRareが当たります。

 

 

同様に80%の確率で当たる確率を計算します。

外れる確率 < 20%

(0.98)^x < 0.2

x < 79.7

80回試行すれば、80%の確率で当てることができます。

 

 

 

ここまで、レアスニーカーが当たる確率、および何回引いたらレアスニーカーが当たるかを検証しました。

正直、Common×Uncommonの組み合わせを100回やっても、100人の4割近くは1度もRareが当たりません。

そのため、どうしてもギャンブルが好きな人以外は、この賭けに挑まない方が良いでしょう。

 

同様に何回引けばレアなスニーカーが出るのか計算しました。

その結果、Common×Uncommonの組み合わせでは50%出る確率になるまでに69回、80%になるためには161回試す必要があります。

それはかなり無謀だと思われます。

Uncommonのスニーカーも最大7回しかミントできないですし、安定してミントするのは難しいからです。

 

そのため、やはりギャンブルしたい方以外は、Common×Uncommonの組み合わせはしない方が良いでしょう。

可能であれば、Uncommonのスニーカーを2つ用意し、Uncommon×Uncommonの組み合わせでミントしていくことをオススメします。

 

 

今回は、STEPNのミントでレアスニーカーが生まれる確率や当たりを引く確率について検証しました。

STEPNでミントを考えている人は参考にしてみてください。

STEPN NFTゲーム
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!