利根川の鮎釣り:念願の年券を9月に購入しましたが、利根川の厳しさを味わいました

  • 2023年10月28日
  • 2023年10月28日
  • 鮎釣り

みなさんこんばんは。

 

今回、39回目の鮎釣りに行ってきました。

 

鮎竿はシマノさんの友鮎8.5mを使用しました。

 

水中糸は、メタコンポDURAの0.07号(序盤~中盤)と0.15号(終盤)を使用しています。

 

針はオーナーばりさんの一角8号を使用しています。

(ポイント3倍大感謝セール)オーナー 一角 いっかく 8号

 

使用している鮎の仕掛けです。

仕掛け1

天井糸:PE0.3号 3.5m

水中糸:メタコンポデュラ0.15号4m

中ハリス:ワンピース鼻カン仕掛け1.2号フロロライン+逆さばり2号 (鼻カン7mm)

掛けばり:ダブル蝶バリ8号

 

なお、釣りの撮影はGoPro HERO11を主に使用しています。

 

利根川釣行記

鮎釣り

2023年9月15日に利根川に釣りに行きました。

水位は1.17mでした。

 

 

今回は利根川で鮎釣りです。

前回記載した理由の通り、メリットがたくさんあるので、群馬漁協の鮎年券を購入することに。

 

元々FISHPASSを使う予定でしたが、群馬漁協は日券のみしか購入できませんでした。

場所によっては年券も購入できたと思うのですが、群馬漁協は無理でした。

 

 

ネットで調べると、上州屋前橋店で取り扱いがあるとのことだったので行くと、「もうない」とのことでした。

さらに、7月には売り切れたそうで、「もう探してもないんじゃないか」とのことでした。

 

そこで、この前大会を開いていた天狗屋さんに電話で問い合わせると、あるとのことだったで無事購入できました。

電話した矢先、店内を見ることができませんでしたが、個人の店としてはかなり広いので、ぜひ今後利用させていただいきたいと思いました。

 

 

前回、敷島公園の利根川に行きましたが、非常に釣り人が多かったです。

さらに、若いアユイングの人も多く、釣れてしまうと前回のように嫌がらせされる危険もあります。

 

 

そのため、今回は鮎釣りのポイントを20箇所ほど候補を調べておき、そのうちの1つに行くことに。

釣り人は1人いませんでした。

 

 

13時30分から釣り開始です。

今回は、延べ竿の擬似鮎釣りで囮を取り、その後友釣りをする予定でした。

 

擬似鮎はリアユのリスケードを使用しました。

created by Rinker
¥1,553 (2024/05/24 05:36:34時点 楽天市場調べ-詳細)

 

今、サイトを見ていたら釣り方がYouTubeに上がっていたの、今後参考にしようと思いました。


釣っているときは、何もせずに泳がせていただけですね。

鮎釣りの人もいないし、すぐに釣れるだろうと高を括っていたのですが、全く釣れません。

 

戦略を考えてこなかったのが敗因です。

狙ったのは、囮とりの定番の瀬肩ですが、神流川と違いはるかに水量があります。

 

明らかに釣れそうな流れなのですが、全くヒットがありません。

釣り開始から40分でようやくヒットが。

 

いつも通り網で綺麗にキャッチできませんでしたが、それでも小さい鮎が釣れてくれました。

 

しかし、全く囮にならなそうな小さいサイズです。

 

そのあとは、全く反応なし。

途中、ラフティングの人が来ましたが、それでも釣れず。

重りを工夫したりと、色々頑張ったのですが。

 

 

15時に位置を変え、向かい岸へと向かいました。

擬似鮎は釣れないので、友釣りに変えます。

 

しかし、囮が小さすぎて、そもそも流れに負けてしまいます。

さらにオイカワが釣れてしまい、一気に囮が弱りました。

 

そこで、いつも通り2段重りにして無理やりに沈めると、ものすごいヒットが。

これは引き上げるの無理だ。

そう思い、流れのゆるい場所に行き掬いました。

 

神流川だとビックサイズですが、利根川だと普通でしょうかね。

サイズは測っていませんが、27cm前後だと思われます。

 

最初の囮はヘロヘロなので、この巨大鮎を囮にします。

大きい割に泳ぎが良くなく、強い流れに入りません。

 

そこで比較的緩やかな場所で流していると、再びヒットが。

今度もすごい勢いで引っ張られます。

 

今回も岸まで寄せて、掬いました。

同じぐらいのグッドサイズです。

 

巨大鮎に囮を変えるのが大変なので、2匹目の囮のまま釣りますが、反応なし。

大きい割に、流れに弱いのが難しかったですね。

 

今日は雨の予報だったのですが、16時30分に雷も鳴り始め、囮も弱ったため、終了です。

 

3時間の釣行で3匹でした。

いつも通りな感じです。

 

難しかったのが、鮎がつく場所がわからないので、どこに流せば良いかわかりませんでした。

神流川は明らかにいそうな場所があるので、それを利根川で見極めるのが重要そうでした。

 

今日は、1,2匹目はゆるい流れ、3匹目はやや早い流れで釣れました。

そのため、ゆるい場所の方が反応がいいような気もしますし、そもそも囮が早い流れであまり泳がなかったのも問題かもしれません。

 

瀬田さんの本で、ダウンクロスを学び、効率よく大きい河川を探る方法を見つけていきたいと思いました。

 

今度の利根川は、アユイングの練習をしようと思います。

良かった点は、友釣りで多少釣れたことです。

 

悪かったのは、擬似鮎で釣れなかったことと、ポイントが見極められなかったことです。

まだ初めての利根川での延べ竿だったので、今後ポイントを見極めたいと思います。

 

今後試すこと
ハリスをナイロン、フロロで比べる
竿をもっとグレードの高い竿にする
穂先も色々試す
鼻カンの大きさを変える
白泡の下を徹底的に釣る
3本イカリ、4本イカリの疲れやすさを比較
背バリを自作
背バリ単品の能力
背ばりの針サイズを変える
背ばりの糸の長さを変える

 

鮎釣りの記録
0回目:2015年8月中旬:1匹:約3時間(知識なしで挑戦)
1回目:2023年6月中旬:1匹:約8時間(9時~17時):水位0.2m
2回目:2023年6月中旬:4匹:約5時間(10時~15時):水位0.24m
3回目:2023年6月中旬:6匹:約6時間(10時~16時):水位0.19m
4回目:2023年6月下旬:10匹:約7時間(9時30分~16時30分):水位0.18m
5回目:2023年6月下旬:2匹(鮎2匹、オイカワ1匹、カワムツ1匹):6時間(10時30分~16時30分):水位0.26m
6回目:2023年6月下旬:1匹:7時間(10時30分~17時30分):水位0.22m
7回目:2023年7月上旬:0匹:4時間30分(10時30分~15時0分):水位0.19m
8回目:2023年7月上旬:0匹:4時間30分(16時~18時):水位0.15m
9回目:2023年7月中旬:1匹:5時間(10時30分~15時30分);水位0.15m
10回目(擬似鮎使用):2023年7月中旬:0匹:5時間(11時~14時,17時~19時):神流川鬼石
11回目:2023年7月下旬:5匹:2時間(16時30分~18時30分):水位0.14m
12回目:2023年7月下旬:4匹:7時間(11時~18時):水位0.1m
13回目:2023年7月下旬:9匹:7時間(11時~18時):水位0.08m
14回目:2023年7月下旬:2匹:3時間(15時~18時):水位0.08m
15回目:2023年7月下旬:1匹:1時間(17時30分~18時30分):水位0.08m
16回目:2023年8月上旬:1匹:6時間(12時~18時):水位0.11m
17回目:2023年8月上旬:3匹:約2時間(16時30分~18時45分):水位0.09m
18回目:2023年8月上旬:3匹:3時間(16時~19時):水位0.09m
19回目:2023年8月上旬:0匹:4.5時間(15時30分~19時):水位0.09m
20回目(擬似鮎使用):2023年8月中旬:8匹:4時間(15時~19時):神流川鬼石
21回目:2023年8月中旬:3匹:3.5時間(12時~15時30分):水位0.2m
22回目:2023年8月中旬:5匹:2時間(16時~18時):水位0.29m
23回目:2023年8月下旬:10匹:6.5時間(11時30分~18時):水位0.33m
24回目:2023年8月下旬:6匹:7.5時間(11時~18時30分):水位0.21m
25回目:2023年8月下旬:1匹:3時間(15時~18時):水位0.17m
26回目:2023年8月下旬:5匹:7時間(10時30分~17時30分):水位0.17m
27回目:2023年8月下旬:8匹:6時間(12時~18時):水位0.13m
28回目:2023年8月下旬:3匹:4時間(14時~18時20分):水位0.12m
29回目:2023年8月下旬:2匹:5時間(13時~18時):水位0.11m
30回目:2023年9月上旬:0匹:5時間(13時~18時):水位0.09m
31回目アユイング:2023年9月上旬:4匹:7時間30分(10時30分~18時):水位1.54m:利根川
32回目:2023年9月上旬:5匹:5時間10分(12時30分~17時40分):水位0.14m
33回目:2023年9月上旬:3匹:6時間(12時~18時):水位0.09m
34回目:2023年9月中旬:3匹:4時間(14時~18時):水位0.23m
35回目:2023年9月中旬:1匹:5時間(13時~18時):水位0.19m
36回目:2023年9月中旬:5匹:3時間30分(14時30分~18時):水位0.15m
37回目アユイング:2023年9月中旬:0匹:移動含め5時間(12時~17時):水位-0.4m(高津戸):渡良瀬川
38回目:2023年9月中旬:4匹:3時間45分(14時~17時45分):水位0.13m

39回目:2023年9月中旬:3匹:3時間(13時30分~16時30分):水位1.17m:利根川