秩父漁協の渓流釣り:1ヶ月ぶりの渓流でついに

みなさんこんばんは。

 

今回は渓流釣りに行ってきました。

 

なお、釣りの撮影はGoPro HERO12を主に使用しています。

 

渓流釣りで主に使うテンカラロッドはニッシンゼロサム3608 7:3、テンカラ源300、ラインは宇崎日新のレベルライン3.5号を使用しました。

ニッシン ゼロサム テンカラ 7:3 3608 3608

 

 

 

使用した毛鉤は、逆さ毛鉤の#14です。

 

また渓流釣りは熊が怖いので、熊撃退スプレーは必須です。

 

コインチェック

秩父漁協釣行記

渓流釣り

2023年4月13日に渓流釣りに行ってきました。

花粉症が落ち着いてきたので、ようやく渓流釣りを再開です。

 

場所は、秩父市南を目指します。

しかし、流石人気の秩父漁協。

 

車を停めるスペースに、ほぼ100%車が停まっています。

しかも、釣り人が多すぎるため、釣り人の間隔も500mぐらいしかありません。

 

頭を跳ねる状況になっているため、かなり釣るのは大変そうでした。

 

私は目的の最上流を目指します。

しかし、残念ながら上流の釣り堀より上は、台風の崩落で行けませんでした。

 

本来は標高1000mぐらいで釣りをする予定だったのですが、行けず。

 

そこで、釣り堀から数百m下に堰堤があり、さらに人が唯一いなかったのでそこから釣り始めます。

釣り堀下は、逃げた魚も期待できるため、坊主を回避できるかもしれません。

 

入渓した場所も良い雰囲気です。

 

 

すると、釣り始めて15分でいきなりヒットです。

18cmほどのヤマメが釣れました。

 

ポイントは、流れの肩で、尚且つ他の流れと合流するような、いかにもなポイントで釣れました。

画像の中央の少し左にある肩ですね。

 

 

しかし、そのあとは釣れず。

 

 

昼食をとり、集中力を回復してから釣りますも、釣れず。

ポイントは非常に良さそうなのですが、釣れません。

 

 

少し登ると、堰堤が現れました。

左側から巻いて登れそうだったのですが、水が湧出しており、私の技術では万が一落ちそうなので断念しました。

 

堰堤横に駐車スペースがあったのですが、そのすぐ上流は釣り堀の範囲であるため、別の場所に行くことにしました。

 

 

 

来る途中に、気になる林道があったため、その川を釣ることにします。

通行止めの横を通り、細い渓流を釣ります。

 

 

ポイントは良さそうなのですが、水量が少なく、さらに木が多いため、かなり難易度が高いです。

画像左側の場所から登れそうだったのですが、帰るのが大変のため断念します。

 

 

最初に釣っていた川の、下流から再度入り直します。

 

 

15時近くになっていたためか、釣り人はほとんどいなくなっていたため、場所は選びたい放題でした。

入ったところは若干水量が少なく感じましたが、ポイントは結構あります。

 

しかし、先行者の影響か、全く反応はありません。

魚影すら見つけることはできませんでした。

 

結局堰堤まで来ましたが、全く釣れませんでした。

 

堰堤近くには、哺乳類の骨や毛が落ちていたのでビビりました。

自然は怖いので、準備はしていかないとですね。

 

特に2023年は熊被害が多かったので、皆様もお気をつけください。

とにかく1匹釣れたのはよかったですね。

 

ただ魚影は薄く感じたので、秩父は難しく感じました。

コインチェック
コインチェック
最新情報をチェックしよう!